バセドウ病完治 加藤えりのブログ

                加藤えりのバセドウ病自然治癒体験談

  加藤 えり(かとう えり)

加藤えり

 

子供の頃から変に我慢強い子で大人になってからも なかなか自分を表現できずに誤解されたり またその事でいつも自分を責めて攻めてました。

自分を責めてるうちに

自己免疫疾患の 難病 になってしまいまいた。
治らない病気と医者からの烙印を押されました。
                
一生 薬を飲み続ける事になる、病院から言われました。
頭の中が真っ白でした。
どうして私がこんなことに、、、

このままどんどん体が悪くなってしまうんだろうか、
  恐怖と絶望の時に

                


ちあ魔女のヒエラル気と出会い その中で心と体は繋がっている事を知り、 心が変われば体も変わる= 自分で作った病気は自分で治せる!事を実際に体感しました。

セルフヒーリングをして完治しました。
今ではあんなに飲んでいた薬も不要になりました。
思いが 病気を治す 実感しました。

私の行動は
健康になることを前提としているだろうか?
病弱だという思いはないだろうか?
と心を探りマイナスの思いをとる作業をしました。

治ったらやってみたいことをリストアップし眺め 最初は大変でしたが 身体の調子がどんどん良くなって、医者が驚くほどになりました。

意識がこんなに体と左右するとはと 実感しました。 思いが変わると全てが変わる、こころと体はつながっている。 心の法則を知って実践するといろんな事が楽しくなりました。

これまでは
ほんとに些細な事で勝手に
あれこれ悩み爆弾を作りだしてましたが
今は普通に笑って、怒って(時には)
日々楽しんで、、健康で、、
普通の日々ってありがたいなぁーを実感してます。

今日も良い日だなぁー、、と思える人が
増えていくといいな、、
この経験をとおして 皆様のお役に立てたらと思いまして 健康になったので
そんなお手伝いをさせてもらえたらと思い
健康応援隊のストレスバスターズに立候補しました。

私が難病を治した体験を通して皆様のお役に立てたら
  病気で苦しむ人のお手伝いをできたらと思います。
     加藤えりのバセドウ病自然治癒体験談                                   
☆☆☆加藤えりの瞑想体験談 ☆☆☆
  自分と向き合い内側を探っていくと
  生まれてこなければよかったという自己否定が根っこにあった。
 瞑想で自分が今まで持っていた大前提がコロっと変わりました。
 こんなに簡単に前提がひっくり返る事にびっくりしました。
 白い光の中心に入って行くと自分が光になった感覚で 
 心はこんなにも自由だよ、いつもハートの中心にいるよ、と
 聞こえてきて光に包まれ抱かれてました。
 その感覚はこみあげてくる幸福感、喜びでした
 ハイヤーセルフと一体化した時

 涙が溢れていました。それは何とも言えず静かな感覚で涙が流れていました
 ハイヤーセルフに持って行った大前提はもう必要ない、と言われたこと。
  
 生まれた事が素晴らしい
 私たちは皆 喜びの為に産まれてきた
 それぞれが違う輝きで素晴らしいと言う事を見せて貰い
 今までどれだけ自分でたくさんの事を歪めていたのかも分かりました。
 喜びしかない、喜びの中心に行ったこと
              
 喜びは無限の喜びのリングの形に見えました。
 行っても行っても喜びしかない無限の喜びのリング
 そして、そこは ないけど有る、静かな世界でした
 この事も大きな体験でした。
 すべて持っている、誰もが素晴らしい存在だと言う事を体験出来た事。
    
 ハイヤーセルフはいつもハートにいる
 これを自覚したら人生がもっと楽しめる、これを 伝えていきたいです。